博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1983|返信: 1

フロイト博物館-Freud Museum

[コピーリンク]
発表 2013-1-25 11:16:34 | 全階表示 |閲覧モード
PR

フロイト博物館-Freud Museum

フロイト博物館-Freud Museum
フロイトによって収集された骨董2000点。蔵書2000冊以上。1938年にウィーンから運ばれた有名な精神分析のソファー。
利用案内
フロイト博物館
Freud Museum
住所:20 Maresfield Gardens, Hampstead, London NW3 5SX
tel: 0171 435 2002/5167; fax: 0171 4315452
開館日時:水-日 12:00~17:00
入場料:有料。
施設およびサービス:駐車場小。障害者は一階のみ。売店。友の会。フロイト一族の写真資料。
年間入館者数・公立私立の別: 13,500。私立。
返信

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-12-27 13:45:43 | 全階表示
PR
ロンドンの フロイト博物館( Freud Museum)は、ロンドンの北部ハムステッドのマレスフィールド・ガーデン20番地にある。1938年、精神分析の創始者フロイトは、マリー・ボナパルトの支援により、故郷の町ウィーンからここに逃避してきた。ジークムント・フロイトは、ユダヤ系の出自のためナチスドイツによりオーストリアがドイツに併合されたためウィーンを捨てて、ロンドに移り住むことを余儀なくされた。彼はロンドンでも最も知的な印象の強い地域であるハムステッドのマレスフィールド・ガーデン20番地の家に、翌年死去するまで居住した。フロイトは、この地に来てからも彼の研究を継続し、『モーゼと一神教』はここで完成したものである。女性の精神分析家の先駆けでもあったフロイトの娘アンナ・フロイトは、1982年亡くなるまでこの家に住んだ。彼女の没後、彼女の遺志によりこの家は、博物館として一半に公開されることになった。開館したのは、1986年である。通りを挟んで反対側が、アンナ・フロイトセンターである。子どもの精神的発達、精神療法についての研究と専門家の研修機関である。こちらの地番は、マレスフィールド・ガーデン12番地になる。
返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2020-1-19 15:09 , Processed in 0.135116 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ